システムに強い!ベリトランスの評判と考察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

決済代行会社大手のベリトランスは、中規模以上の大手企業に多く導入されている決済代行会社です。その特徴は、インターネットが黎明期の1997年に創業し、決済代行会社の中では、GMOペイメントゲートウェイとともに業界の老舗です。

昔からセキュリティーやシステムに関して意識の高い会社のため、そういったことを特に大事にする大手企業にに多く導入されてきました。また黎明期から決済代行をやっていたため、物販系の会社への導入も多いです。

本日は元決済代行会社出身の筆者が決済代行会社の大手ベリトランスについて、他の評判サイトには決して書いていない、業界人にしかわからない評判と考察を解説します。

ベリトランスの由来・歴史

ベリトランスはGMOペイメントゲートウェイと同じく、決済代行という業界が確立されていない時期から創業しており、GMOペイメントゲートウェイとならぶ老舗です。

そしてベリトランスは当初はクレジットカード決済からスタートして、コンビニ決済や電子マネー決済など今では当たり前の決済のサービスを最初に手掛けたのもベリトランスです。

ベリトランスは元々、サーバーキャッシュ株式会社という名前でスタートしました。2002年にベリトランスになりました。その後の親会社の移り変わりがはげしく、ソフトバンクグループからSBIに、そして2012年にデジタルガレージに買収され、現在にいたります。

SBIからデジタルガレージに売却された背景はよくわかりませんが、発表時期(SBIHの決算直前)とSBIHの決算内容から推測するに、親会社の業績が影響していたっぽいです。

一方デジタルガレージは、すでにグループの決済代行会社にイーコンテクスト(econtext)というコンビニ決済専門の会社があり、クレジットカードに強い決済代行会社のベリトランスを買収することで、グループ内の決済代行会社において補完関係を補うのが狙いでした。

イーコンテクストとは?
デジタルガレージの子会社の収納代行会社。コンビニの収納では名前が売れています。小話を言うと、現在はベリトランスと同じビルの同じフロアにオフィスがあります。ベリトランスとはあまりシナジーの関係にはなく、お互い別々で商売している印象です。

ベリトランスの特徴

まずベリトランスは中規模以上の大手企業がターゲットです。

ベリトランスは昔からシステムやセキュリティーへの取り組みが評価されています。とくにセキュリティーの意識は高く、セキュリティー基準のPCI-DSSを決済代行会社として一番最初に取得していることからもわかります。

ベリトランスは海外展開も積極的で、銀嶺やPaypalをいち早く導入してきました。また親会社のデジタルガレージはアジアに目を向けており、越境ECなどをサービスとして展開に積極的です。

数年前、グループ会社で、イーコンテクストアジア(econtext ASIA)という会社を香港で上場しましたが、今は上場廃止したようです。

 

ベリトランスの社内雰囲気は?

社員数

だいたい100人くらいです。営業は10名未満、15名くらいがサポートセンター、技術部が40人くらいです。その他の社員は管理部系社員になります。

ベリトランスの雰囲気

ベリトランスは”営業!!!”という会社ではないです。GMOペイメントゲートウェイが営業会社であって、どんどん営業をしかけていく会社に対して、ベリトランスは技術力を売りにしています。お客さんには”過度な営業を受けたくない”というお客さんにはベリトランスは好まれています。

転職者も多く、同じ決済代行会社や、WEB広告代理店、カード会社出身と多岐にわたっています。

営業人数が少ないため、仕事量はものすごく多い様です。その為仕事に熱中できない人には向いていないかもしれません。ただ営業に限らず、どの部署も忙しそうですが。

ですから、実力をつけたい人は、ベリトランスで経験を積むのは決済の業界では非常にいいキャリアを積めます。

ただし、ベリトランスはデジタルガレージの子会社であり、親会社の意向を組まなくてはいけません。役員も親会社出身者のほうが多い様ですので、ベリトランスの中途採用でのし上がるのは大変そうな印象です。

ベリトランスの方向性というところは、正直なところデジタルガレージグループの売上に貢献することがミッションとなります。(こういったところはどの会社も同じですよね。)

ベリトランスのサポート体制は?

サポートの品質はGMOペイメントゲートウェイと比べると、人数の違いもあり、負けている印象はありますが、業界内ではしっかりしたサポートをしている企業です。

昔のベリトランスは営業社員がしっかりお客さんをケアしていましたが、親会社のうつりかわりもあり、当時の社員が入れ替わってしまいました。

ベリトランスの料金は?

GMOペイメントゲートウェイと同様に基本料金や初期費用をしっかりとります。しかしそれはサポートをしっかりするという裏付けです。しっかりした人的サポートを期待する会社は、GMOペイメントゲートウェイやべリトランスはおすすめです。

ベリトランスのシステムは?

筆者のスタンスは、どの決済代行会社のシステムを使っても差別化要素はシステムにないというのが結論です。いまやどこも変わりがありません。

しかし、ベリトランスは昔からシステムは安定しているという評判が業界内ではあります。ですから決済のシステムの安定性でベリトランスを選ぶものいいと思います。

決済代行会社に求められるシステムの安定性とは?
下記の4つです。
①システムが止まらない
②データが壊れない
③システムが繋ぎこみやすい
④柔軟な運用に対応することができる

決済代行会社のシステムについては、こちらの記事で詳しく解説しております。

決済代行会社の決済システムとは?

ベリトランスのライバル会社は?

GMOペイメントゲートウェイです。お互いのターゲット企業が中堅以上の大手です。GMOペイメントゲートウェイも昔は、小規模案件が中心でしたが、昔戦略を中堅以上の規模に変更した経緯があります。

ベリトランスの決済が向いている会社は?

中堅以上の大手で、営業担当がしっかりついて、サポートも相談できる決済代行会社をもとめる企業には、ベリトランスはいいでしょう。ただしサポートの品質はどうしても人によります。

またシステムやセキュリティーに対する取り組みは他社に先がけているのも検討材料になります。(ただし筆者は、この点はどの決済代行会社も同じであり、差別化要素がないというスタンスです)

ベリトランスの顧客は大手の物販が多いです。それは一番昔から決済代行としてクレジットカード決済を扱っていたので、物販の会社が「イーコマースをやりたい!」と言い出したのは2000年前半だったので、その当時の決済代行会社といえばベリトランスだったためです。

ベリトランス3Gってすごいの?

ホームページをみると、「ベリトランス3G」と全面に出していますが、大手決済代行会社であれば、どんな決済手段にも対応しているので、さほど差別化要素になりませんので、ベリトランスのマーケティングです。

ただし、IVR(音声自動応答)決済ソリューションは同業他社では見かけないサービスです

例えばテレビ通販で、コールセンターが顧客とのやり取りをする中で、クレジットカード番号のやり取りも行います。しかし残念ですが人が介在する以上、クレジットカード番号をメモッたり、するなど、どうしてもクレジットカード番号が洩れるのです。※これはフローの問題です、個別の会社の事を責めていません。

ですが、ベリトランスのIVRを使えば、コールセンターがクレジットカード番号だけは、自動応答に変更して、プッシュホンの入力に切り替わり、入力が終わったらまた、コールセンターに音声がもどるという俊逸な決済ソリューションです。

ベリトランスのパートナー戦略は?

主要のECシステム会社などとは提携関係にありますが、GMOペイメントゲートウェイほど活発ではないです。中堅規模以上のECパッケージ会社には、ベリトランスの決済は標準導入されていますが、ASPカート系にはほとんど決済が導入されていません。

なんで、ASPカート系にはベリトランスが標準対応されていないのでしょうか?

それはベリトランスが大手への決済導入を目的としている企業で安くはないという側面もありますが、ASPカート系に導入している決済代行会社はすでに固まっております。

たとえ今から「わが社ベリトランスも標準対応しましょう!」と仮ASPに交渉したとしても、ASPとしては「え、ほかの会社で決済はカバーできてユーザーは困ってないし、一社増えるのはサポートが面倒になるから嫌だ!」という話になるでしょう(こんなバカな話は実際にはありえませんが、この業界を説明するのにわかりやすい例なので、完全な例え話として説明しました)

ECシステム会社と決済代行会社は最強のパートナシップ!
ECシステムのリニューアルがある場合、決済代行会社にとっては「きたーーー!」という千載一遇の決済の営業かけるチャンスなのです。なぜならECシステムも、決済システムのリニューアルはコストも時間もかかり、一度導入されるとなかなか再検討されないのですが、ECシステムがリニューアルするタイミングで決済代行会社の変更も入りやすいのです。それとは逆に決済のシステムの変更が検討されるときは、ECシステムの見直しもありえるのです。ですから決済代行会社とECシステム会社のパートナシップは深いのです。他の業界をみても、これだけお互いの営業をかけるタイミングが同じ業界は聞いたことはありません。

 

ベリトランスのまとめ

いかがでしたか?本日はベリトランスを解説しました。しっかりとしたサポートを受けたい大手には、良い決済代行会社ですよ。システムとセキュリティーには昔から定評があります。

最後に最近のベリトランスの面白い動きを紹介します。

ベリトランスは不動産業界に展開を考えているようです。昨年、2015年に「住まPAY」を発表しました。

これは面白い取り組みと考えます。不動産業界には、クレジットカードはまったく広がっていません。なぜなら家賃は高額で、一般的な手数料は3%ですから、10万円の家賃の手数料は3,000円です。

これは家賃で考えると、結構大きいですよね?でも消費者から考えると、銀行振り込みはもう時代遅れだし、面倒で利便性は高くなります。

少子高齢化が進んでいくと、空室も目立つようになり、不動産業界も差別化や利便性の追求をはかる必要にこれからせまられりと、決済方法が進んでいない不動産業界もかわるのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*