「クレジットカード決済手数料1番安いのはどこ?」プロが徹底比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実店舗を経営している方では、クレジットカードに非対応で未だに現金のみの取り扱いの事業も少なくありません。その背景には日本の実店舗では現金決済が中心だったからです。しかし、日本人のクレジットカード保持率は2016年で84%と高い所持率で、インターネットの普及により使用率は右肩上がりで高まっています。(※ブログ末で最新のデータを紹介!)

また、クレジットカード決済は2019年10月1日からの「5%ポイント還元」のキャッシュレス決済の対象となるため、来年度はクレジットカード決済の需要が一気に増えることが予想され、今のうちにスマホ決済を導入すべきです。

個人事業者にとって、クレジットカード決済導入の最大の障壁は「手数料4%~7%」という高い手数料でしたが、スマホ決済を導入すれば3%程度に手数料を抑えることが可能です。そして現在ではスマホ決済が主流となり、クレジットカード決済において、決済代行会社を使うメリットはほとんどありません。

また、スマホ決済大手のAirペイ(エアペイ)は決済手数料3.24%(2019年10月から2020年6月末までは2.16%と業界最安水準の手数料)で、月6回の売上の入金に加えて、Suicaなどの電子マネーにも対応しており、個人事業者にはありがたい存在のスマホ決済です。

クレジットカード決済導入について悩んでいる方は、その導入手続きや、手数料、支払いサイクルについてお悩みだと思いますので、本日は決済代行会社で15年働いた筆者が、クレジットカード決済について詳しく解説いたします。

クレジットカード決済手数料が一番安い方式は?

クレジットカード決済を導入する方法は①~③の3つです。しかし、3番目の方法は現実的ではないため、下記の①と②の2つに絞られます。そして、クレジットカード決済の手数料が一番安い方式は①のスマホ決済です。

◆3つの方法とは?

方法①スマホ決済 <==カード決済手数料が最も安い方式
方法②決済代行会社と契約
方法③アクワイアラー(カード会社)と直接契約 <==大手企業のみ安く導入可能

方法①スマホ決済ならクレジットカード手数料「3.24%」で最も安い!

もし、規模の小さい小売店や飲食店が、初めて導入するなら①スマホ決済がおススメです。なぜなら手数料が圧倒的に安く3%程度で、しかも初期費用がかからないケースがほとんどだからです。

スマホ決済を日本で展開している主な会社は、下記4社です。

◆スマホ決済 大手4社比較表

手数料はどの企業も横並びですが、提携カードのブランド、入金する銀行によって振込手数料が変わってきますので、導入の際はメインバンクから導入を検討しても良いでしょうが、Airペイ(エアペイ)は手数料がたった3.24%にも関わらず、Suicaなどの電子マネーに対応しており、しかも振込手数料も0円で、最も利便性が優れている決済方法です。(入金タイミングも月6回で、不便を感じません)

また、Airペイを導入すると2019年10月から2020年6月末までの間だけは、決済手数料を業界最安水準の実質2.16%にするなど、加盟店を広げるためにありがたいキャンペーンを仕掛けています(別途、キャッシュレス決済事業者の申請手続きが必要となります)。

どんな業種であっても、売上を上げるには幅広い決済方法に対応するのが良いでしょう。さらにAirPayは「PayPay」と「LINEペイ」「d払い」などのQRコード決済への対応をはじめており、大手4社で最も幅広い決済手段に対応しております。

端末0円キャンペーンも随時行っているので、最新のキャンペーンに関しては下記の公式ページで確認してみてください。

Airペイ(エアペイ)の公式ホームページ

提携カード会社によってもスマホ決済では手数料が変わってきます。導入の際は各社の中から手数料を比較してみましょう。JCB当のクレジットカードの場合は、少しだけ手数料が高めの傾向があります。

◆クレジットカード決済ができるカードリーダー

写真はAirペイ端末ですが「コイニー」も「楽天ペイ」も同じデザインになります。

スマホ決済といっても、お客さんのスマホを使うのではなく、お店のスマートフォンやタブレット端末に専用カードリーダーを接続してクレジットカード決済を行う方法です。

◆スマホ決済のメリット

✔手数料が3%程度と安い
✔初期費用や端末代がかからない
✔すぐに導入可能
✔持ち運び可能
✔Suicaなどの電子マネー決済も使用可能(スクエアのみ非対応)

◆スマホ決済のデメリット

✔小さい端末のため、お客様が不安に思うケースも
✔レシートを印刷する場合は専用プリンターが必要
✔対応しているカード会社によって手数料が高い場合がある

Airペイ以外でSuica(スイカ)対応のスマホ決済端末なら「楽天 ペイ」

楽天銀行の口座がすでにある方で、Suicaも対応したいのなら、楽天が運営する楽天ペイがおススメです。手数料も楽天ペイと同額の3.24%と業界最安値ですし、しかも楽天ペイは翌日入金という強みがあります(楽天銀行の場合のみ翌日入金)

楽天ペイの公式ホームページ

コイニーも2018年8月に電子マネー決済対応となりましたが、Android機種は電子マネー決済の機能が使えません。

三井住友とみずほ銀行の銀行口座対応で、翌日入金なら「スクエア」が利便性が高い!

※写真はスクエアの最新の端末を筆者がスクエア社で取材で撮影したもの

もし、翌日入金にこだわりがあり、「楽天銀行は口座つくるの面倒だ。。」と思う方は、スクエアがおススメです。なぜならスクエアは三井住友銀行とみずほ銀行の口座をもっている方なら、「翌日入金」が可能だからです!手数料は若干高い3.25%ですが、他の大手スマホ決済と大差はありません。また端末のデザインは、スマホ決済会社7社の中で最もスタイリッシュな端末がスクエアのメリットです。端末のデザインについてはスクエアの公式ページをご覧ください。

スクエアの公式ホームページ

高齢者にも利用が進む「Suica」によるキャッシュレス化

日本でキャッシュレス化が進まない理由の一つに、お年寄りの現金主義がありました。しかし、下記の記事にもあるとおり、地方でもお年寄りのSuica利用が進んでいるようです。

 「家計消費状況調査による電子マネー利用額の変化だ。世帯主が70歳代以上では2012年時点で年8688円と全世帯平均の8割だったが、17年には1万6216円に増え全世帯の平均に並んだ。80歳代以上に限ると1万7492円と全世代で最多だ」(29日付日経新聞)

上記引用先:高齢者のキャッシュレス決済が拡大しているのは何故なのか

PayPayやLinePayなどのQRコード決済が2018年末に流行りました。筆者もQRコード決済を使って買い物をしてみましたが、思った以上に面倒であり、日本でQRコード決済は普及しないのではないでしょうか?。日本でキャッシュレス化を進めるなら「クレジットカード決済」と「Suicaなどの電子マネー」の両方が基準になると筆者は考えます。

そういう意味でも、クレジットカードとSuicaの両方に対応したAirPay(エアペイ)は非常におススメなクレジットカード決済端末と言えます。興味ある事業者の方は下記公式サイトを見てみてください。

AirPay(エアペイ)の公式ホームページ

訪日中国人がターゲットならWechatPay対応の「コイニー」でQRコード決済可能

もし、あなたの事業が地方の観光地や都内のブランドを扱う事業など、中国人が数多く訪れる事業を行っているなら、中国人向け決済に対応していなければ、なりません。中国人で普及している決済方式は下記の2つ。

(1)Alipay(アリペイ/支付宝)
(2)WechatPay(ウィチャットペイ/微信支付)

です。

Wechat(微信)とは日本で言うLINEアプリのようなもので、中国人なら、誰でも使っているアプリであり、WechatPayのQRコード決済もWechatの普及とともに中国で普及してきたのです。

QRコード決済ができれば、中国人の方は手元に現金が無くても安心して決済することができます。コイニーの端末は下記の公式ホームページで確認してみてください。

コイニー公式ホームページ

※2019年2月追記:ただし、現在はAirペイが「Wechat Pay」と「AliPay」に対応しているので、この点でコイニーの差別化要素が無くなってきた印象です。

また、Airペイ、スクエア、楽天ペイ、コイニーに比べて、露出が少ないですが、最近ではタイムズペイも非常に特長のあるカード決済サービスです。

ITが苦手な事業者にはタブレット・プリンターがセットで付く「タイムズペイ」がカンタン!

駐車場やカーシェア事業で有名な「Times」が決済サービスを行っており、それがタイムズペイです。タイムズペイの最大の特徴は下記の3点です。

(1)決済端末、タブレット、プリンターが無料で提供
(2)サポートが明らかに他サービスより厚い
(3)カード決済手数料は3.24%~で、電子マネー決済対応

タイムズペイは、2~3万円するプリンターもセットでついてきますので、カード決済をすぐにしたい事業者は、タイムズペイに申し込む以外に用意するものはありません。しかもタイムズペイから送られてくるタブレットはある程度セットアップされているので、自分でプリンターを買ったり、プリンターを設定するためにやり方を調べる手間が減ります。

しかも、タブレットにはauのSIMがすでに刺さっているので、店舗にWifiすら不要で、決済にかかる通信費もタイムズペイが費用負担してくれます。デメリットは、タイムズペイでは、この付属の専用タブレット以外の端末(iPhone、Android、iPad)をタイムズペイの決済で使うことができませんし、この専用タブレットは決済以外のことで利用することができないことです。詳しくは下記のタイムズペイの公式サイトをご覧ください。

Times Pay(タイムズペイ)の公式サイト

方法②決済代行会社と契約する

個人事業者や店舗がクレジットカード決済を導入する際に、実店舗の決済方法として、かつては一部の業種で用いられていた方法が決済代行会社と契約する方法です。ネット決済では今も最も主流なクレジットカード決済方法が決済代行会社と契約する方法です。

しかし、実店舗の決済方法では2010年頃からスマホ決済が誕生し、その手数料の安さと手軽さから店舗が決済代行会社からクレジットカード決済を導入する会社は少なくなってきております。

決済代行会社の意義とは?

カード会社で有名なのは「VISA」や「JCB」ですが、カード会社は他にもたくさんあります。

◆主なクレジットカード

・VISA
・MasterCard(マスターカード)
・JCB
・AmericanExpress(アメックス)
・Diners Club(ダイナースクラブ)

本来ならこれら一社一社と、クレジットカード決済を導入する契約を個別にしなくてはなりませんが、それは現実的ではありません。

そこで決済代行会社が仲介に入る方法です。専門的な言い方をするとアクワイアラー(カード会社の代わりに加盟店を増やす業務を行う会社)と「包括代理店契約」を結んだ決済代行会社が販売店(事業者のあなた)に「クレジットカード決済」を含めた幅広い決済方法を提供するやり方で、クレジットカード決済導入方法としては最も普及している方式です。

上記の図の引用先:内閣府 決済代行問題

決済代行会社によって、手数料が変わります。また大企業であれば手数料のディスカウントをすることも可能ですが、小規模の個人事業者がクレジットカード決済をこの手法で導入すると安くはありません。

小規模の個人事業者のクレジットカード手数料相場:4%~7%くらい

4%から7%も取られると、事業やビジネスモデルによりますが個人事業者の場合は利益の大部分を手数料として持っていかれてしまいます。ちなみにクレジットカードを使うユーザーに手数料負担を求めるて、料金を上げるのは契約違反であり、手数料は加盟店が負担する規則になっています。

(キャバクラなどではよくクレジットカードを使うと料金を上乗せすることが横行してますが、それは契約違反で、カード会社にバレるとクレジットカード加盟店から除外されることになります。)

すでに決済代行会社経由でクレジットカード決済を導入している方が、取り扱い手数料を下げるには、先に紹介した「方法①スマホ決済」を導入すると良いでしょう。スマホ決済の場合手数料は3.4%程度です。

では、決済代行会社を使うメリットはあるのでしょうか?

手数料の高い決済代行会社でクレジットカード決済を行うメリットとは?

メリット:業種特化型(エステ・飲食等)の決済代行会社の場合は手続や審査が楽

ネットでは決済代行会社を利用するのが主流ですが、実店舗のクレジットカード決済では決済代行会社よりも、電子マネー決済や、QRコード決済など多様な決済方法がある。スマホ決済の方がメリット大きいです。実店舗を運営する個人事業主や小規模事業者や、やはり現実的には、スマホ決済になるでしょう。

参考までに、決済代行会社を使った場合のクレジットカード決済手数料の目安を下記に書いておきます。

◆決済代行会社の手数料目安

①一般小売 3%~7%
②サービス業 3%~10%
③ネットショップ 3%~5%
④デジタルコンテンツ 3%~10%

※企業規模が大きく、取引量が多ければ手数料も下がります。3%代の安い手数料は個人事業主で難しく、ある程度の規模の企業に限定されます。大手であれば、業種によって1~2%ということもあります。
※あくまで目安です。業種、企業規模などにより手数料は変わります。

上記の目安を見ると、手数料の最安値は一見安く見えますが、実店舗の小規模事業者は、やはりスマホ決済が最も安い決済手段になるでしょう。

方法③アクワイアラー(カード会社)と直接契約する(大手企業が使う手法)

決済代行会社を介さず、国際ブランド(VASA、MasterCard、JCB等)の加盟店獲得業務を代わりに行うアクワイアラー※と直接契約する方法です。

(※アクワイアラーとは、ブランド(VISA、MasterCard等)に代わりに加盟店契約を行う企業のことで、三井住友カードなどのクレジットカード会社のことです。JCBは「ブランド」「アクワイアラー」「イシュアー」の3つを兼ねています。イシュアーとは、カード発行業務を行う企業です。日本では「アクワイアラー」と「イシュア-」の両方をクレジットカード会社が担います。)

決済代行会社を介さないため、決済件数や金額が大きい大手企業では、カード手数料が最も安い方式ではありますが、中小企業や個人事業主ではクレジットカード決済手数料が高くなることが多いです。

◆国際ブランド、アクワイアラー、イシュア、加盟店、ユーザーの関係図

上記図引用先:クレジットカードの知っておきたい基礎知識

アクワイアラーと直接契約するのは、売上額が大きい大手企業が多いです。手数料は公開されていませんが、ビックカメラやユニクロのような超大手の場合、カード手数料は1%~2%程度であることが予想されます。

アクワイアラー(カード会社)と直接契約してクレジットカード決済端末を入れるには下記の2つのパターンがあります。

◆直接契約時の2つの端末タイプ

1.直接契約して、クレジットカード決済端末(デカい端末)を導入
2.直接契約してPOSに組み込まれているクレジットカード決済端末を導入

決済代行会社が仲介しないで、アクワイアラー(カード会社)と直接契約する分、大手企業の場合は手数料が最も安くなります。ただし、この方式のデメリットは、事業者が全てのカードブランドと契約する手間がかかることと、入金が契約したカード会社毎に入ってきます。

企業が決済代行を選ぶ時の本質は、ただ手数料を安くすることではありません。自社の手間とコスト(手数料)のバランスを見て、最適な決済方式(会社)と契約することにあります。

例えば、大手小売業においては、取引量の多いクレジットカード決済においては、カード会社と直契約し、たまにしかない電子マネー決済などはスマホ決済会社と契約するなど、会社の負担とコストのバランスをとるのが、最も良い決済代行会社の選び方なのです。

日本人のクレジットカード保有率は84%と高水準!

まずは最新のクレジットカード保有率(JCB調査)を見てください。

◆クレジットカード保有率推移(2012年~2016年)

グラフ引用先:クレジットカードに関する総合調査 2016年度版 調査結果レポート

クレジットカード保有率は年々減少しているものの、84,2%と高い水準を保っています。減少している原因は、Suica・スマホ決済やコンビニ支払などの多様な決済方法の普及など所説ありますが、明確な理由は、はっきりしておりませんが、保有率は減っているものの、実はクレジットカードの年間利用総額は増えているのです。下記のデータをご覧ください。

◆増え続ける!クレジットカードの年間信用給与額(日本でのクレジットカードの利用総額)

データ引用先:日本のクレジットカード統計 2015年(平成27年版)版

2016年データですが、約54兆円クレジットカードが日本で使用されており、2015年は対前年の利用額は7.2%、2016年には対前年8.2%驚異的な伸び率なのです。

つまり、クレジットカードの保持率は少しずつ減少しているものの、クレジットカード利用総額は驚くほど、伸びており「積極的にカードを利用する人」がインターネット利用する世代を中心に増えているのです。

そういうと「うちは実店舗ビジネスだから、インターネット利用者はターゲットじゃない!」と思われる方もいるかと思いますが、インターネットでクレジットカード利用を頻繁に行うユーザーは、実店舗であっても、カードを使うことに抵抗がありません。

それを表すデータがあります。下記をご覧ください。

◆クレジットカードで支払いした業種

このデータを見れば、増えているのはネットショッピングだけではなく、スーパーの小売りや飲食店のクレジットカード比率も増えているのです。

日本は先進諸国の中でキャッシュレス化が最も進んでいないが、今後はキャッシュレス化が政府主導で進んで行く!

いろんなデータを見せましたが、そもそも日本人は現金を使う人が多いんだから、クレジットカード決済は、あればいいけど、なくても良い!と考えるかもしれませんね。それも一理あります。それを証明するデータとしては、日本人のキャッシュレス化(現金を使わないで会計すること)は先進諸国で中でも低く2015年度で17%程度です。

2015年度のキャッシュレス化の諸外国比較

データ引用先 経済産業省:キャッシュレスの現状と推進

しかし、東京オリンピック・パラリンピックで多くの訪日外国人に対応するため、政府は2020年に向けたキャッシュレス化の方針と実効策をまとめており、2027年までに40%がキャッシュレス化を実現する目標をたてているのです。

そして、人口減少により、どの業種も人手不足が問題になっています。そういった面からも、面倒な現金決済から、クレジットカード決済を利用することで店舗の負担を下げることにつながるのです。

 

個人事業者が今からクレジットカード決済を導入するなら「スマホ決済」が手数料がたった3.24%でおススメ!

今までクレジットカード決済を導入しようにも、4%~7%という高い手数料がとられるため

「カード手数料が高い!」
「利益がほとんど持ってかれる!」

という点が心配だったと思いますが、スマホ決済なら3.24%と決済代行会社経由で、クレジットカード決済を導入するより、かなり手数料が安くなりますし、初期費用や端末代もかかりません。しかも、手持ちのスマホに端末をつなげるだけなので、すぐに導入できます。

2020年にかけて、日本に訪日する外国人は増えており、クレジットカード決済を導入することで売上アップが見込めます。今まで導入を見送っていた個人事業者も、現金を持たない時代に変わりつつありますから、スマホ決済の導入を検討しましょう。

その中でも、電子マネー(Suicaなど)にも対応したAirペイ(エアペイ)は、売上拡大を目指す個人事業者に一番向いていると思います。しかも、消費者還元事業者登録を行えば、2019年10月1日から2020年6月末までは決済手数料2.16%と、期間限定ですが、かなり手数料が安くなります。

詳しくは下記のAirペイの公式ページをご覧ください。

AirPay(エアペイ)の公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手数料が3.24%のクレジットカード決済ならAirPayが断トツでおススメ!

クレジットカード決済を導入する時にどうせなら、Suicaなどの電子決済に対応している方がいいですよね!AirPayなら、クレジットカード決済と電子マネー(Suica)の両方が導入できます!しかも振込手数料が0円です。

そしてスマホ決済だから、カード手数料がたった3.24%

詳しくは下記バナーより公式サイトをご覧ください!




AirPay(エアペイ)公式ページはこちらから

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ミワ より:

    エアペイが翌日に振り込んでくれたら現時点でNo. 1だけど、1日のクレジットお客様使ったら10日の振込だから、事実10日間かかるからヤダな。
    あとあと少し金利さげてほしい
    28000円の売上で振込27000ぐらい。千円弱の手数料もってかられる

  2. こーじ より:

    整備業です。車検代の諸費用って税金と保険なんですけど立替です。それ含めた金額で決済すると受け皿となる工賃の10%以上になる。仕組み考え直してくれないと迷惑。

  3. けんぼー より:

    他国でカード決済が発達してるのはニセ札やらで現金が信用されないから。
    日本円は例外だし、現金入金だとスグにそれを運用できるメリットもある。カードは普通に半月くらい待たされるしね。
    それに手数料で3%抜かれるのも納得できないね。
    現在はほとんどが電子処理されるのだからコストかかんないでしょ。人件費どんだけかけてんだよ、ってハナシ。

  4. まきえ より:

    決済手数料が売上金額に対してかかるというのは根本的におかしくないですか?

    決済の回数に手数料がかかるならわかるけど

    金額が大きいと決済仕事が大変になるのかしら

けんぼー にコメントする コメントをキャンセル

*