スマホ決済

LINE Payの導入を検討する前に事業者に教えるプロの評判と考察

LINE Payは2014年から開始しているサービスで、リリース当初はテレビにも取り上げられ、当時は飲み会の割り勘や、個人間送金などに利用が期待されました。また、2018年12月や2019年2月にPayPayに対抗するため20%キャッシュバックキャンペーンを打つなど、露出を増やしております。

しかし、2019年の今もLINE Payのサービスは普及しているとは言えません。その原因は、リテラシーが高いユーザーでさえ、使い方やチャージ方法がよくわからないサービスだからと筆者は考えます。結局、期待されていた若いユーザーにも利用が浸透しているとは言えません。

筆者もLINEPayを久しぶりに使おうとしとして、LINEアプリで、LINE Payの画面にログインしたら「6桁のパスワード」を入れてくださいと表示され「たまに使うアプリでこんなんパスワード入力がシンドイ!」と正直思ってしまいました。

つまり、これからLINE Payを導入しようと事業者は「キャッシュバックキャンペーン」に相乗りしたマーケティング目的で短期的に行うのは「有り」ですが、中長期で考えるとLINE Payはあまり普及しないと筆者はかんがえますので、わざわざ導入しなくても良いと考えます。

それでは本日は決済会社で15年所属した筆者が、LINE Payについて詳しく解説いたします。

続きを読む

スマホ決済大手7社の手数料を徹底比較!今年導入すべき決済を解説!

2019年10月に行われる消費税10%引き上げに伴い、政府はキャッシュレス決済に限り5%のポイント還元を行う予定のため、2019年度はクレジットカード決済やQRコード決済の利用客が一気に増えることが予想されます。そのためカンタンに導入できる「スマホ決済」を導入する事業者が急激に増えております。

さらに、2018年12月4日よりQRコード決済の「PayPay」が「100億円あげちゃうキャンペーン」を行い、連日テレビやCMで話題になり、スマホ決済という言葉が一般的にも普及するようになりました。

しかし、これから導入する方はスマホ決済がどういうものなのか、焦らず確認いたしましょう。スマホ決済のメリットは3つです。

①決済手数料無料だったり3.24%~と従来のCAT端末の決済よりはるかに安い
②端末が小さく、レジ周りの邪魔にならない
③2019年10月より還元ポイント目当てのユーザーが増える

といった点が挙げられます。しかし、スマホ決済は多くの会社からサービスが提供されており、決済手数料は横並びで、小規模事業者は何を基準にスマホ決済会社選べば良いのか難しい思います。

その中で筆者は、まずAirPayなどのクレジットカード決済ベースの「スマホ決済」を導入した上で、PayPayなどのQRコード決済も導入することをおススメします。

なぜならQRコード決済のPayPayは手数料が無料ではありますが、普及するかどうかは未知数であり、それよりも今現在に普及しているクレジットカード決済ベースのスマホ決済を導入すべきと考えているからです。

本日は決済業界で15年働いていた決済のプロの筆者が、スマホ決済について詳しく解説いたします。

続きを読む

電子マネー等の4つの決済と翌日入金が魅力「楽天ペイ」の評判と考察

「そろそろクレジットカード決済対応を考えたい!」
「スマホ決済でいい会社はどこだろうか?楽天ペイは、他と何が違うのかな?」

とお悩みではないでしょうか?楽天ペイの特徴は、クレジットカード決済は当然として、下記のように様々な決済方法に対応しているのが強みです。

◆楽天ペイが対応している決済方法

①スマホ決済(クレジットカード決済)
②電子マネー決済
③QRコード決済
④ネット決済(ID決済と呼ばれるサービス)

もともとは「①~③のスマホ決済サービス」と「④ネット決済(楽天ID決済)」は2つの別々のサービスでしたが、現在は統合して「楽天ペイ」となりました。ネットの決済として始まった「楽天ペイ」は、リアル(実店舗)の決済までカバーするのが特徴です。また楽天銀行の口座があれば「翌日入金」「振込手数料無料」は大きな魅力です。

本日は楽天ペイについて、決済会社で15年間働いていた筆者が、詳しく解説いたします。

続きを読む

カスタマイズと中国人向け決済が特徴の「mPOS」の評判と考察

mPOSは元々、決済代行会社大手のベリトランスの一つの事業として始まりましたが、2017年10月に親会社のデジタルガレージがANAと合弁会社を作って、現在mPOSの運営会社は「ANA Digital Gate株式会社」になります。

全国にはまだクレジットカード決済を導入していない店舗が多数あり、そこに「ANA」という強いブランド力を使って営業していくという戦略という新会社の意図があります。

スマホ決済としてのmPOSの特徴は2つです。1つは大企業向けに管理画面やデータ連携などのカスタマイズができること。2つ目は訪日中国人向けの「アリペイ(支付宝)」や「銀聯カード」が使えることです。

それでは決済代行会社で15年の経験のある筆者がmPOSについて詳しく解説してまいります。

続きを読む

元業界人がSquare(スクエア)の評判と考察を徹底解説

スクエア(Square)は外資企業です。元々はアメリカでサービス展開していたスマホ決済(モバイル決済)の会社で米国には400人以上の社員がいます。2013年に「三井住友フィナンシャルグループ(三井住友カード)」と提携し日本に進出しました。日本では古くからスマホ決済を行っている大手の一つで、世界で200万の事業主に使われております。

スクエアのスマホ決済の最大の特徴は、「翌日入金」で極めて入金タイミングが早く、しかも振込手数料がかからなことです。資金繰りが良くない個人事業者には大変ありがたいことです。同時にスクエア端末の欠点は「暗証番号入力」ができず、「サイン支払」の端末しかないことです。

クレジット取引セキュリティ対策協議会の実行計画によると、カード偽造防止や紛失・盗難カード被害の抑制のために暗証番号による本人確認方法を推奨しておることもあり「暗証番号」と「サイン支払」の両方に対応した端末に越したことはありません。

しかし、資金繰りに余裕がない、飲食店などの個人事業主には、翌日振込ができる点や、その翌日振込に対応している口座が「三井住友銀行」や「みずほ銀行」などの日本の大手銀行である点は、他のスマホ決済会社より強みがあります。

こういった点を含め、月次費用からスクエアを大手7社と比べならが、決済代行会社で15年働いた筆者が詳しく解説いたします。

続きを読む