決済代行会社

「クレジットカード決済手数料1番安いのはどこ?」プロが徹底比較

実店舗を経営している方では、クレジットカードに非対応で未だに現金のみの取り扱いの事業も少なくありません。その背景には日本の実店舗では現金決済が中心だったからです。しかし、日本人のクレジットカード保持率は2016年で84%と高い所持率で、インターネットの普及により使用率は右肩上がりで高まっています。(※ブログ末で最新のデータを紹介!)

また、クレジットカード決済は2019年10月1日からの「5%ポイント還元」のキャッシュレス決済の対象となるため、来年度はクレジットカード決済の需要が一気に増えることが予想され、今のうちにスマホ決済を導入すべきです。

個人事業者にとって、クレジットカード決済導入の最大の障壁は「手数料4%~7%」という高い手数料でしたが、スマホ決済を導入すれば3%程度に手数料を抑えることが可能です。そして現在ではスマホ決済が主流となり、クレジットカード決済において、決済代行会社を使うメリットはほとんどありません。

また、スマホ決済大手のAirペイ(エアペイ)は決済手数料3.24%(2019年10月から2020年6月末までは2.16%と業界最安水準の手数料)で、月6回の売上の入金に加えて、Suicaなどの電子マネーにも対応しており、個人事業者にはありがたい存在のスマホ決済です。

クレジットカード決済導入について悩んでいる方は、その導入手続きや、手数料、支払いサイクルについてお悩みだと思いますので、本日は決済代行会社で15年働いた筆者が、クレジットカード決済について詳しく解説いたします。

続きを読む

アパレル事業者は導入すべき!プロが解説する「メルペイ」の評判

ネットオークションアプリで最も有名なメルカリがQRコード決済として「メルペイ」をリリースしました。消費者から見ると「また○○ペイ」かよ!と思われるかもしれませんが、実はメルペイは他のキャッシュレス決済に比べると際立った特徴があります。

それは「メルカリ」での売上金を、そのまま「セブンイレブン」「イオン」「松屋」などの「iD」が導入されているお店で決済として利用できる点と、さらにアパレル事業者がメルペイを導入すると「古い服をメルカリで売って、その売上金で新しい服を買う」というユーザー行動につながり、特にアパレル事業者と相性が良い決済手段なのです。

本日は決済代行会社で15年働いていた筆者が、「メルペイ」について、業界ならではの詳しい評判と考察を解説いたします。

続きを読む

決済手段「Suica」の手数料は3~4%程度でスマホ決済が安い!

PayPayやLINEペイなどのQRコード決済が流行っていますが、実店舗でもっともスムーズ・カンタンに決済できる方式は、SuicaやPasmoなどのFelica系の決済であることは間違いありません。

しかし、Suica導入は小規模事業者にとっては「審査が厳し目」なため、少しハードルが高くなります。そしてSuica導入を検討するならスマホ決済端末の「Airペイ」を導入すべきです。なぜなら

①Suicaなどの電子マネー決済
②PayPay
③クレジットカード決済

の3つのキャッシュレス決済を導入することが可能になるからです。※審査はそれぞれ別です。本日は決済代行会社で15年働いた筆者が、Suica決済の手数料についてくわしく解説いたします。

続きを読む

【5分で理解】キャッシュレスポイント還元のメリットを徹底解説

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税となります。一部加工前の生鮮食品や新聞代金などは8%据え置きなどありますが、大半の購入に対して私たちの負担が商品税により上がるわけです。

しかし、この増税のタイミングで、政府が進めるキャッシュレス化に伴い、国内史上最大規模のポイント還元キャンペーンが打ち出されたので、お店にとってはポイント還元制度を使い売上を伸ばすチャンスでもあります。

経済産業省は推し進めるこのキャンペーンの制度を「キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)」と名付けました。

しかし、このキャンペーン、内容がよくわからない声が多く寄せられています。

「お店にとって負担が重くなるのでは?」
「国は何をしてくれるの?」
「中小企業が恩恵を受けると聞いたけど、うちの会社は対象なのか?」

分からないことだらけです。

本日は、国が支援してくれる制度で「消費者」にとって、「お店」にとってどんなメリットがあるのか、分かりやすく解説します。また、手っ取り早くこの制度を利用したい「お店(事業者)」の方は「Airペイ」などのスマホ決済を無料で導入し、キャッシュレス・消費者還元事業者の登録申込をすればよいだけですから、今すぐAirペイに申し込んでみましょう。

続きを読む

75%の顧客が支持する口座振替の導入方法と効果をプロが徹底解説

公共料金や新聞代金、塾やスポーツクラブの月謝を口座振替で支払っている人は多いと思います。
口座振替は、自身で銀行やコンビニに行って支払うことなく、自動的に引き落としがなされる便利な決済手段です。
しかし、この決済手段を自身の会社で回収手段として取り入れるには

「どんなメリットがあるのか?」
「面倒な手続きが必要なのでは?」

といった疑問や不安の声をよく聞きます。

しかし、実は他の決済手段に比べ、「売上アップが期待」でき「人件費コストを抑える」ことができる決済手段なのです。
なぜなら、顧客の支払いがカンタンになりサービス自体の継続率が上がる(下げる要因にならない)ことと、入金消込にかかる労力から解放されるからです。

そして75%(定期的な支払いの決済手段としての利用率)の顧客が支持している有力な決済手段なのです!

今後、サブスクリプション型の事業モデルが増えることが予想され、効果的な回収手段の一つでもある「口座振替」について、決済代行会社で15年の経験がある筆者が実際のデータを元に解説いたします。

続きを読む