スマホ決済大手7社の手数料を徹底比較!今年導入すべき決済を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月に行われる消費税10%引き上げに伴い、政府はキャッシュレス決済に限り5%のポイント還元を行う予定のため、2019年度はクレジットカード決済やQRコード決済の利用客が一気に増えることが予想されます。そのためカンタンに導入できる「スマホ決済」を導入する事業者が急激に増えております。

さらに、2018年12月4日よりQRコード決済の「PayPay」が「100億円あげちゃうキャンペーン」を行い、連日テレビやCMで話題になり、スマホ決済という言葉が一般的にも普及するようになりました。

しかし、これから導入する方はスマホ決済がどういうものなのか、焦らず確認いたしましょう。スマホ決済のメリットは3つです。

①決済手数料無料だったり3.24%~と従来のCAT端末の決済よりはるかに安い
②端末が小さく、レジ周りの邪魔にならない
③2019年10月より還元ポイント目当てのユーザーが増える

といった点が挙げられます。しかし、スマホ決済は多くの会社からサービスが提供されており、決済手数料は横並びで、小規模事業者は何を基準にスマホ決済会社選べば良いのか難しい思います。

その中で筆者は、まずAirPayなどのクレジットカード決済ベースの「スマホ決済」を導入すれば、「PayPay」と「LINEペイ」の両方のQRコード決済に対応しており、Airペイは一番幅広い決済手段に対応していると言えます。

そしてQRコード決済のPayPayやLINEペイは手数料が今は無料ではありますが、普及するかどうかは未知数であり、それよりもAirペイのように、すでに普及しているクレジットカード決済ベースのスマホ決済を導入すべきと考えているからです。

本日は決済業界で15年働いていた決済のプロの筆者が、スマホ決済について詳しく解説いたします。

スマホ決済会社7社の徹底比較表!決済手数料はどこも安い!

まずは下記7社の比較表を見ていただきたい。

スマホ決済は2つのタイプがあります。

タイプ①クレジットカード決済の4社<=3.24%~(2019年10月からは2.16%~)
タイプ②QRコード決済の3社<=2社が手数料無料

そのうち「楽天ペイ」と「AirPay」がクレジットカード決済もQRコード決済も両方を行うことができます。

◆スマホ決済の大手7社の完全比較表

こうしてみると、AirPayは「クレジットカード決済」と「PayPay」「LINE Pay」などのQRコード決済に対応しており、電子マネーまで対応した最も幅広い決済端末といえます。端末のデザインは下記公式ページで最新端末を確認してみてください。

AirPay(エアペイ)の公式ホームページ

スマホ決済(クレジットカード決済)の手数料はどこもだいたい同じ!3.24%~3.75%だが今年の10月から2020年までは2.16%になる!

クレジットカードでの決済会社を選ぶときの一番の基準は、まずは手数料になると思いますが、スマホ決済(クレジットカード決済)大手4社は、どこも手数料は変わらず3.24~3.75%となっています。さらに消費者還元事業登録を行えば2.16%(2019年10月1日~2020年6月末まで)の手数料になります。

お客様が使うクレジットカードのブランドによって、多少手数料は変わってきますが、それでも4%を超すことはありません。

従来のCAT型端末の手数料は3%~7%程度を決済代行会社に取られることを考えると、手数料の安さこそがスマホ決済の一番の導入メリットになります。実際に下記の例を見ると、ずいぶん金額が変わりますし、1年を通してみると無視できない金額になります。

◆スマホ決済の手数料の例

5,000円の商品の手数料は162円<==安い!

◆従来のCAT型端末の手数料の例(7%で計算)

5,000円の商品の手数料は350円

しかし、手数料はスマホ決済(QRコード決済)のPayPayとLINEPayはなんと無料(ともに3年間は無料)で、スマホ決済の中ではQRコード決済系(PayPayとLINEPay)であれば、費用をかけずに導入できるメリットがあります。

さらに、PayPayでは、導入キャンペーンも行われているので、最新のキャンペーン情報は下記の公式ページで確認してみてください。

PayPayの公式ページ

では、手数料で考えるとQRコード決済を導入すべきなのでしょうか?筆者はそうは思いません。QRコード決済が普及するかどうかは微妙だと考えます。

事業者の方「そんなことはない!PayPayはあれだけキャンペーンでニュースになった、PayPayの普及は間違いない!PayPayをすぐに店舗に導入すべきだ!」

と思われているかもしれませんが、PayPayやLINEペイの弱点は、ユーザーから見た時の決済方法が「面倒だ」という点です。

PayPayやLINEペイは手数料が安いけど、ユーザーから見ると決済が面倒!使い勝手が悪くて普及しづらい

まず、QRコード決済はどれくらい利用されているのでしょうか?最新の調査結果を見てみましょう。下記のグラフをご覧ください。

データ引用先:スマホ決済利用は1割弱?!意外と浸透していないモバイル決済

2019年2月の調査結果ですが、スマホ決済を使ったという方はたったの17.7%という結果になりました。引用先のECのミカタによると、特に若年層や男性の利用が多いとのこと。

日本には、そもそもSuicaやEdyなどが使える「電子マネー決済」があり、コンビニで使えることから都心部だけでなく地方でも決済方法として普及してきました。端末にカードを当てるだけで決済ができる電子マネー決済に比べると「PayPay」や「LINEペイ」はあまりに使い勝手が悪いのです。下記をご覧ください。

◆PayPayの使い方(バーコード提示支払い)

画像引用先:PayPay公式ページより

金額を自分でスマホに入力する手間があることと、金額が間違えられないためにユーザーが慎重になります。筆者もビックカメラで、PayPayで買い物をしたが、金額を店員と確認しながら打ち込むのが、大変手間に感じました。

PayPayには「バーコード読み取り支払」があり、こちらは提示したバーコードを読み取るだけなので、非常にカンタンですが、店舗で導入するには数百万円(下記の図)かかります。

◆PayPayの使い方(バーコード読み取り支払い)

なぜならPOSレジのカスタマイズをする必要があるため、小規模店舗がPayPayを導入する場合は「QRコード提示支払い」に実質限られるのです。このことから筆者は、PayPayはユーザーに支持されないと考える根拠なのです。

LINE Payの場合も同様に「コード提示支払い」と「バーコード支払」がありますが、月額1500円払えば、下記の端末を使用することができるため、コード提示支払いができるLINE Payの方が支払がスムーズと言えます。

QRコード決済導入するなら、すでに普及しているクレジットカード決済(スマホ決済)も同時に入れるべき!

筆者はQRコードの普及を反対するつもりはありません。ただ、2018年12月の段階ではQRコード決済が普及するかは、未知数です。その根本的理由は、先ほど解説した使い勝手の悪さです。

そしてもう一つ、QRコード決済で「PayPay」と「LINE Pay」あるいは「楽天ペイ」などお互いに互換性がないため、どの事業者が普及するか、今の段階では予想がつかず、全てに対応するのも手間です。

それに比べてスマホ決済(クレジットカード決済)の場合は、「スクエア」だとうろ「AirPay」だろうと「コイニー」だろうと、ユーザーから見れば同じクレジットカードならば、どのスマホ決済でも良いわけです。

とはいえ、QRコード決済が気になっている店舗さんも多いと思いますので、QRを導入する場合は、あわせてクレジットカード決済型のスマホ決済も一緒に導入しましょう。なぜなら初期費用がどこも実質無料だからです。

スマホ決済(クレジットカード決済型)4社を徹底解説!

画像はコイニー公式ページより引用

それでは、スマホ決済(クレジットカード決済)の4社を解説します。スマホ決済(クレジットカード決済)の端末は、お持ちのiPhoneやAndroid、あるいはタブレット機器とスマホ決済の端末を接続して使うのが基本です。

そではスマホ決済(クレジットカード決済)4社を解説します。

 

1社目:「AirPay」は電子マネー決済にも対応しており、最も売上アップが見込める端末

導入手数料:実質無料
決済手数料:3.24%~(※2020年10月から2.16%~)
振込手数料:無料

※別途消費者還元事業者登録必要

AirPayはリクルートグループが運営しているスマホ決済のサービスです。その最大の特徴は「電子マネー決済」が使える点です。その利点は下記のグラフをご覧ください。

AirPayの導入後のアンケート結果ですが、70%以上の導入店舗が「売上が上がった」と答えています。その理由はやはり電子マネー決済に対応している点が大きいでしょう。

また、売上の入金タイミングも月6回(三菱、三井住友、みずほの場合、それ以外は月3回)と多く、資金需要の強い事業者でも、すぐに入金されるため助かります。また振込手数料も無料のため、クレジットカード決済手数料以外は、あまり費用がかかりません。

つまりAirPayの特徴は「電子マネー決済」+「月6回の支払いサイト」ということになります。さらにAirPayは「PayPay」と「LINEペイ」の両方のQRコード決済にも対応をはじめており、スマホ決済7社で最も幅広い決済手段に対応している端末です。

AirPayの導入については、キャンペーンも随時やっているみたいなので、下記の公式ページで確認してみてください。

AirPay(エアペイ)の公式ホームページ

デメリットは「Android」に対応していないため、もし手持ちのスマホがAndroid端末の場合は、別途iPhoneやiPadを購入する必要があります。また、電子マネー決済でもGoogle Payは対応しておらず、Apple Payのみの対応となります。

 

2社目:「スクエア」の最大の魅力はメガバンクの「みずほ」「三井住友」が使えて、翌日入金可能なのがポイント

導入手数料:実質無料
決済手数料:3.25%~(※2020年10月から2.16%~)
振込手数料:無料

※別途消費者還元事業者登録必要

スマホ決済(クレジットカード決済型)で勢いがあるのはスクエアではないでしょうか?その最大の長所は「みずほ銀行」と「三井住友銀行」を入金先として使えるにも関わらずクレジットカード決済での入金が翌日に可能な点です。

比較されるスマホ決済会社は、同じく翌日入金可能な「楽天ペイ」ですが、こちらは「楽天銀行」でなければ、翌日入金できないので、この点では、スクエアは最も利便性が高いスマホ決済会社と言えます。

ちなみに、スクエアでは「みずほ」「三井住友」以外の場合でも、毎週「金曜日」入金(水~木締め)になるので、翌日入金ではなくとも、利便性は高いです。

仕入れが発生する、飲食店などの小規模事業者は、資金需要が高く、すぐにキャッシュが手に入る翌日入金のスクエアは有力な選択肢となるはずです。

また、スクエアの端末はおしゃれです。下記図をご覧ください。

このデザインならカフェやインテリアショップなど雰囲気を大切にしている事業者にも良さそうです。デザインなど含めて、下記のリンク先からスクエアの公式ページで確認してみてください。

スクエアの公式ページ

デメリットは、上記のスクエア端末の画面を見てもわかるとおり番号入力キーがないため、クレジットカード決済の「暗証番号」に対応しておらず、最新のセキュリティに対応しておりません。クレジットカードは不正が多いため、ICチップ対応型の端末でかつ、暗証番号入力できるタイプの端末でないと、セキュリティに関しては不安です。残りの3社は全て「暗証番号」入力に対応しています。

スクエアは、今後電子マネーにも対応予定であり、この端末は海外ではApple Payなど対応済みですから、今後日本での端末のソフトウェアの更新を行えばSuicaなどの電子マネー対応になると思いますが予定は未定です。

3社目:「コイニー」は、中国版LINEの「WeChat Pay」や「電子マネー」に対応!さらに2回払いとリボ払いに対応している!

導入手数料:実質無料
決済手数料:3.24%~(※2020年10月から2.16%~)
振込手数料:無料(ただし10万円未満は1回につき200円かかります)

※別途消費者還元事業者登録必要

コイニーの最大の魅力は、「WeChat Pay」という中国人がよく使うQRコード決済に対応している点です。中国では30~40%のシェアがあるQRコード決済で、コイニーを導入して下記のように、店頭に「WeChat Pay」のロゴを設置すれば、中国人が喜んで買い物をしてくれるのは間違いありません。

なぜなら中国人は地方であっても、キャッシュレス化が進んでおり、現金を使う習慣は、ほぼなくなっています。できれば、中国で普及しているQRコード決済を使いたいのです。

ただ、2018年9月にAirペイが「WeChatPay」と「AliPay」の両方に対応しているので、この点でAirペイに対するコイニーの差別化が難しくなってきました感があります。

コイニーの差別化要素は「2回払い」「リボ払い」に大手スマホ決済の中では唯一対応している点です。※ただし、VISAとMaster Cardに限りますし、分割払いに対応していません。

他のスマホ決済端末がリボ払いなどに対応していないため、高額商品やブランド品を扱う事業者にとっては、この点は大きな特長と言えるでしょう。

入金タイミングは、月6回の手動入金と月1回の自動入金が選べます。資金需要が特別強くなければ、自動入金の方が楽と言えます。端末のデザインなどについては下記のコイニー公式ページを確認してください。

コイニー公式ホームページ

4社目:「楽天ペイ」はクレジットカード決済とQRコード決済の両方に対応している!さらに電子マネー決済にも!

導入手数料:実質無料
決済手数料:3.24%~(※2020年10月から2.16%~)
振込手数料:無料(楽天銀行以外は1回につき210円かかります)

※別途消費者還元事業者登録必要

QRコード決済というと「PayPay」と「LINE Pay」が有名ですが、実は「楽天ペイ」もQRコード決済に対応しております。楽天ペイの最大の特徴はAirペイとならび「QRコード決済」と「クレジットカード決済」の両方に対応している点です。

ただし、何度も言いますがQRコード決済は、PayPay、LINE Pay、楽天ペイの各社に互換性はないため、どれが普及するかどうかは未知数です。しかし、2019年4月に楽天ペイは「AUペイ」と連携することを発表しました。AUペイは、au Wallet(auウォレット)ユーザーが利用できるため、一気に楽天ペイの利用者が増えることを意味します。

また、楽天ペイの良いところは、「楽天スーパーポイント」で支払うことができる点です。上限は5000円となりますが、楽天市場のユーザーには魅力的です。もし、あなたの事業が30代~40代の主婦がメインの場合は、楽天ペイとの相性は良くなります。なぜなら楽天のメインユーザーは主婦層だからです。

楽天ペイは「電子マネー決済」にも対応しているため、リアルの決済手段としては最も多くの決済手段に対応していると言えるでしょう。楽天ペイの導入を考える場合は、下記の公式ページをご覧ください。

楽天ペイの公式ホームページ

デメリットは強いて言えば、中国系の決済がないことです。この点はコイニーに劣ります。

スマホ決済(QRコード)3社を徹底比較!

まず、スマホ決済(QRコード決済)で最も普及しているのは、LINEPayという最新の調査結果がございます。下記をご覧ください。

◆QRコード決済では利用者ナンバー1はLINEPay

データ引用先:スマホ決済利用率/2位「PayPay」、3位「楽天ペイ」 | 流通ニュース

この最新の調査結果によるとLINEPayを利用して売るユーザーは41.2%で一位です。LINEはスマホユーザーの多くがインストールしているアプリであり、その優位性は大きいことが分かります。

次にシェアをとっているのが38.8%のPayPayです。100億円のキャッシュバックキャンペーンなど、テレビCMなどで積極的に露出を高めており、後発のスマホ決済でしたが短期間で一気にシェアと広げております。

それでは各社解説いたします。

1社目:「PayPay」は一番有名で、ほとんど無料で導入できるが慎重に!なぜならセキュリティが甘い!

導入手数料:実質無料
決済手数料:無料(3年間)
振込手数料:無料(2019年9月30日まで無料)

PayPayの2018年12月4日からはじまった100億円キャッシュバックキャンペーンは、テレビやSNSで非常に話題になりました。大手家電販売店のビックカメラが対応していたため、キャンペーン中は20%の還元を目当てにビックカメラのレジに行列ができたほどです。

PayPayの売上金の入金日も、ジャパネット銀行であれば翌日、それ以外の銀行でも翌々営業日に対応している点は、利便性が高いでしょう。振込手数料も無料です。

そして、中国で最も普及しているQRコード決済の「アリペイ」に対応する予定であり、導入する店舗に中国人を呼び入れたい時は、是非に導入したいのがアリペイです。

また、キャッシュバックキャンペーンで、ビックカメラに行列ができましたが、ビックカメラはコード読み取り支払いに対応しておらず、いちいち購入金額をお店の人と確認しながら入力する手間があったり、あるいは最終日は、一斉に使う人が増えて、PayPayにログインできなくなったりと、私はこのキャッシュバックキャンペーンがキッカケで多くの人が「PayPayは面倒な決済手段だ」と認識したのではないかと思います。

そして、PayPayには重大なセキュリティの脆弱性があります。

PayPayではセキュリティコードの入力に回数制限がないため、クレジットカード番号と有効期限が悪意のある第三者に漏れており、セキュリティコードが分からなかった場合でも、000~999まで順番に入力すれば、正しいセキュリティコードにたどり着き、PayPayに登録することができてしまいます。

これは、PayPayで不正利用できるだけではなく、セキュリティコードを悪意のある第三者が確認するツールとして使われることを意味しており、様々な業界から問題視されていました。

その後、セキュリティコード入力に上限を加えるアップデートを行って、本事象は改善されている様です。また、上記問題終息後、100億円還元の対象にも関らず、権利を取り消されたという問題が発生しています。

参考記事:ペイペイの100億円還元 今度は「取り消された」続出

これらは、急激にサービスを拡張しすぎた結果、十分な検証がされていなかった為、リリース前に問題を潰しきれなかったことと、それによって発生したユーザーからの問い合わせをサポートする体制が構築できていなかったため問題視されていると考えます。

これらのことは店舗としても、リファンド(支払い拒否)対応になるため売上に影響をあたえる可能性があったり、ユーザーからの返金や取消を直接を求められたりする可能性があるため、無視できない問題となります。

しかしながら、現時点ではそれらを補って余りあるキャンペーンやコマーシャル展開を行い、豊富な資金力から他社サービスを駆逐した後にマネタイズする事が可能な為、現時点では圧倒的シェアを確立する可能性が最も高いQRコード決済ではないかということができると思います。詳しくはPayPayの公式ページをご覧ください。

PayPayの公式ページ

また、2019年5月9日に発表されましたが、AirPayが「PayPay対応」となったので、AirPayは「LINEペイ」にも対応しているため、すでにPayPay単独で申し込むメリットは少なく、AirPayの導入した方がメリットがあります。

AirPay(エアペイ)の公式ホームページ

 

2社目:「LINE Pay」なら「コード提示支払い」の導入が月々1500円で可能!

導入手数料:実質無料
決済手数料:3年間は無料(その後は2.45%~)

振込手数料:無料

LINE Payの魅力はなんといっても、スマホユーザーなら、ほとんどインストールしている「LINE」アプリを使って、LINE決済をすることができることです。しかし、LINEもテレビCMや20%のキャッシュバックキャンペーンを行っていますが、イマイチ普及していない印象です。

そもそも普及していない原因は、筆者は「LINE」のアプリ上で使うために、かえってユーザーは使わないのではないか?という推測があります。LINEはやはり「コミュニケーションツール」として使うのが主目的であり、アプリのインターフェイスも当然コミュニケーションツールに重きが置かれています。

その為、LINE PayはLINEアプリの下層コマンドの一つであり、ユーザーにとってはLINEアプリからLINEpayを利用するのが非常に分かり難くなっているというのが一番大きいのではないでしょうか。

その為、筆者の周りでもLINEはほぼ全員利用していますが、LINE payを使っているという人はあまり聞いたことがありませんし、そもそもLINE payをどのように使うのか知らないという人もかなりの割合になりました。

また、PayPayへの対抗措置として2018年12月から始まった20%キャッシュバックキャンペーンについても、アカウント毎に上限が5,000円の為、購入額が25,000円で上限に達してしまい、盛り上がりに欠けた結果となってしまった様に見えます。

PayPayと比べた場合は「コード提示支払い」の端末が月額1500円で導入しやすいメリットがあります(PayPayの場合は数百万円かかります)。何度も言いますがQRコード決済とは「コード提示支払い」でないと、金額を入力しなくてはならず、面倒なのです。その点はLINE Payは魅力的です。

しかし、QRコード決済については、今後の普及を見守る必要があります。そしてLINE Payの弱点は売上金の入金タイミングで、月末締めの翌月末日支払いの月1回しか対応しておりません。この点は、翌日あるいは翌々営業日に対応しているPayPayに負けております。

過去記事:LINE Payの導入を検討する前に事業者に教えるプロの評判と考察

ちなみに、LINEペイはAirPayが対応しているので、クレジットカード決済とあわせて対応するなら、AirPay導入の方が絶対に良いです。

AirPay(エアペイ)の公式ホームページ

3社目:「Origami Pay」は認知度が低いがQRコード決済の老舗。使える店が意外に多い!

導入手数料:実質無料
決済手数料:3.25%
振込手数料:無料

PayPayやLINE PayがテレビやCMで取り上げられているため、認知度は低いですが、日本ではQRコード決済の老舗であり、先に始めたということもあり、Origami Payを使える企業が多く、加盟店は10万点に上ります。

◆QRコード決済「Origami Pay」が使える店

なぜ、このように大手の加盟店が多いのかと言うと、Origami Payの社長の廣井氏は「キャッシュレス検討会」のメンバーの一人であり、経済産業省やキャッシュレス検討会のメンバーの後押しがあるからではないか?と予想しております。興味がある方は、下記の経済産業省のPDFをご覧ください(重いファイルなのでご注意を)。

参考PDF:キャッシュレス・ビジョン 経済産業省

また、中国人向け決済のアリペイにも対応しており、インバウンド客にも対応できます。

デメリットは、売上の入金日です。LINE Payと同様に翌月末締めの翌月末日の支払のため、資金ニーズの強い、小規模事業者には厳しいところです。そしてPayPayと比べると、売上の入金タイミング、決済手数料、知名度の全てで負けており、双方ともアリペイに対応しているとなるとPayPayではなく、Origami Payを導入するメリットは少ないでしょう。

2019年10月から5%のキャッシュレス還元ポイントが始まる!PayPayなどのQRコード決済が流行っているが、キャッシュレス決済の基本はクレジットカード決済であることを忘れてはいけない

PayPayが流行っておりますが、日本でのキャッシュレスの決済方法は、クレジットカード決済が一番普及しております。そのため、2019年10月に日本政府が発表した、キャッシュレス決済の5%の還元の1番有力なものは「スマホ決済(クレジットカード決済)」になります。

もちろんPayPayやLINEPayなどは資本力があるため、テレビ広告やキャッシュバックキャンペーンを再度行うことで、普及する可能性はあります。しかし、忘れてはいけないのが、日本のキャッシュレスの基本はクレジットカード決済であることです。

PayPayを導入する方も、まずはクレジットカード決済対応のスマホ決済導入もあわせて検討すべきでしょう。その点、AirPayは「QRコード決済(PayPayとLINEペイ)」と「クレジットカード決済」、「電子マネー決済」など幅広い決済方法に対応しており、日本のスマホ決済7社の中では突出した端末になっています。

AirPay(エアペイ)の公式ホームページ

端末無料キャンペーンを随時行っているようなので、上記のホームページで確認してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手数料が3.24%のクレジットカード決済ならAirPayが断トツでおススメ!

クレジットカード決済を導入する時にどうせなら、Suicaなどの電子決済に対応している方がいいですよね!AirPayなら、クレジットカード決済と電子マネー(Suica)の両方が導入できます!しかも振込手数料が0円です。

そしてスマホ決済だから、カード手数料がたった3.24%

詳しくは下記バナーより公式サイトをご覧ください!




AirPay(エアペイ)公式ページはこちらから

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*