元業界人がSquare(スクエア)の評判と考察を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクエア(Square)は外資企業です。元々はアメリカでサービス展開していたスマホ決済(モバイル決済)の会社で米国には400人以上の社員がいます。2013年に「三井住友フィナンシャルグループ(三井住友カード)」と提携し日本に進出しました。日本では古くからスマホ決済を行っている大手の一つで、世界で200万の事業主に使われております。

スクエアのスマホ決済の最大の特徴は、「翌日入金」で極めて入金タイミングが早く、しかも振込手数料がかからなことです。資金繰りが良くない個人事業者には大変ありがたいことです。同時にスクエア端末の欠点は「暗証番号入力」ができず、「サイン支払」の端末しかないことです。つまりチャージバックが発生する可能性があるということです。

しかし、資金繰りに余裕がない、飲食店などの個人事業主には、翌日振込ができる点や、その翌日振込に対応している講座が「三井住友銀行」や「みずほ銀行」などの日本の大手銀行である点は、最も使いたくなるスマホ決済会社だと断言します。

こういった点を含め、月次費用からスクエアを大手7社と比べならが、決済代行会社で15年働いた筆者が詳しく解説いたします。

スクエアの特徴は入金が早いこと!これは大変助かるサービス!

スクエアのスマホ決済が優れている点は、「翌日入金」が可能なのことです。ただし銀行によって、入金タイミングが変わってきますので、下記をご覧ください。

◆スクエアの入金タイミングは登録する銀行によって異なる

・登録した銀行が「三井住友銀行」「みずほ銀行」の場合

==>翌日入金

・上記以外の銀行の場合

==>水曜締め日で、金曜入金

このように「三井住友」と「みずほ」の場合は翌日入金されますが、それ以外の銀行であっても金曜に入金さるので、全体的に入金が早いのが資金繰りが安定していない個人事業者には大変嬉しいサービスなのです。しかも振込手数料がかかりません。スクエアが負担してくれます。

同じく翌日入金が売りの「楽天ペイ」は、まず銀行が「楽天銀行」ならば問題ないのですが、それ以外の銀行の場合は、管理画面で振込申請処理が必要で、さらに楽天銀行以外の場合は振込手数料210円が発生してしまいます。

ですから、入金タイミングという点においてはスクエアがスマホ決済大手7社中で一番優れています。

かなり高機能のPOSアプリ「Squareレジ」が無料で使える!

スクエアを導入すれば、高機能のPOSアプリ「Squareレジ」が無料で使えます。例えばリアルタイムで売上管理と在庫管理ができます。つまり事業者は

担当「金曜日の夜は一気に売上があがっている、もっと前日に仕入れを多くすれば売上があがるな!」
担当「従業員で売上が一番なのは?誰かな?」

といった分析がカンタンにできるので、対策をうつことができるようになるのです。しかもこのアプリは店長とアルバイトなど大勢の社員がいる場合は、異なる権限を与えることができます。例えば「アルバイトにはこの機能は使わせない」などの権限をコントロールできるので、社員が多い事業者も安心です。

当然ですが、このPOSアプリ「Squareレジ」は現金にも対応しており、しかもタッチパネルで使いやすく、ユビレジやスマレジなどのライバルがいますが、筆者が全てのアプリをダウンロードして使ってみた感触はもっとも使いやすいアプリでした。

オンライン請求書の機能があるから、事前にユーザーに決済させることも可能!

メールでオンラインの請求書を事前に送って決済させることが可能です。この機能は旅館などの宿泊サービスに喜ばれるサービスです。例えば、ゲストハウスの予約を行ったユーザーが当日にドタキャンされころが無いように、お客さんに請求書をメールで送付して、先に決済を済ませておくことができます。

さらにスクエアが優れていところは、定期購入や自動引き落としにも対応しており、エステや塾を営んでいる事業者には、徴収漏れを防ぐ大変ありがたい機能なんです。

このオンライン請求書のアプリも先ほど説明した「スクエアのPOSアプリ」で無料で使用することができます。

スクエアの欠点は「暗証番号入力」がない端末

まずは、スクエアと楽天ペイの端末を比べてみましょう。

◆スクエアのスマホ決済端末

イヤホンジャックにカードはめるだけの使用です。(返還アダプターがあるので、イヤホンジャックのない最新のiPhoneにも対応しています)ボタンがなく暗証番号入力ができません。またスマホ決済業界の最新端末はイヤホンジャックではなく、下記のブルートゥース対応端末です。

◆楽天ペイのスマホ決済端末

ボタンがあるため、暗証番号入力が可能です。また最新端末のブルートゥース対応端末です。

 

2つの画像を見てくれればわかったと思いますが、スクエアの端末はイヤホンジャックにはめる非常に小さな端末であるため、暗証番号入力ができないのです。他方で楽天ペイやコイニーなどの競合各社は「ブルートゥース対応型」の端末を使っており、暗証番号入力ができるタイプなのです。

暗証番号入力ができないので、ユーザーにタブレット上で「サイン」を求めることになるのですが、サイン支払のリスクは「チャージバック(利用否認)」の可能性があることです。サービス提供型の飲食店や美容室では、通常チャージバックは発生しませんが、高額商品の物販などの場合は、悪意のあるユーザーもおり、サイン支払だとチャージバックが発生する可能性があるのです。

つまり、チャージバックが頻繁に発生するような事業者にはスクエアはあまりおススメできません。

イヤホンジャックがないiPhone10にもアダプターを使って対応できます

「イヤホンジャックだと、俺のiPhone10にはないから、スクエアは対応してないのかな??」と心配する必要はありません。アダプターを使うことで対応しています。

この点はブルートゥース端末ではなくとも安心ですね。

スクエアの料金体系をスマホ決済(モバイル決済)大手7社と比べる

まずは、下記をご覧ください。※スマートフォンで閲覧の方はクリックして画像を拡大してください。

費用については、スマホ決済大手各社は横並びであまり差がありません。スクエアのクレジットカード決済の手数料は3.25%で、コイニー等は3,24%ですから大差がありません。また初期費用はどの大手スマホ決済会社も無料で導入できます。(プリンター代は別途かかりますが)

つまり、スマホ決済においては手数料や初期費用では差がありませんから、事業者がスマホ決済を導入する時は、取り扱っている自分の銀行を念頭において、入金タイミングなどの方が重要な要素です。三井住友銀行かみずほ銀行がメインバンクの場合は、スクエアだと翌日入金になるのは大きなメリットです。

スマホ大手7社は2つのタイプに分かれる!スクエアはクレジットカード決済中心型

スマホ決済には2つのタイプの事業者がいることを覚えておきましょう。

(1)クレジットカード決済中心のタイプ

①スクエア
②コイニー(ただしWeChatPay対応)
③Airペイ(電子マネー対応)
④mPOS(ただしアリペイ対応)

(2)QRコード決済中心のタイプ

⑤楽天ペイ
⑥LINEペイ
⑦Origami Pay

大手7社との中だと、スクエアはクレジットカード決済中心のタイプです。

しかし、同じタイプの「コイニー」や「mPOS」は中国人向けのQRコード決済に対応しています。スクエアはQRコード決済に対応しておらず、特に中国人向けの決済は「QRコード」が主流ですし、便利なQRコード決済が日本で普及する可能性もあります。

こういった面からみると、スクエアは少し遅れている感が否めません。またあなたの事業に訪日中国人からの需要がある場合は、WeChatPay対応の「コイニー」やアリペイ対応の「mPOS」の方が向いているかもしれません。

ただ今現在は日本のキャッシュレスのメインはクレジットカード決済が中心ですから、現在はQRコード決済の普及は日本では未知数です。

スクエアの社員や会社の雰囲気は?

※上記はスクエアの日本法人オフィス。筆者は説明会に参加したことがあり、その時の写真です。

外資企業ということになりますね。アメリカのフィンテック企業ですから「金融系」の人と「IT系」の人が融合した新しい企業イメージがあります。

スクエアの日本法人には英語ペラペラの日本人が本社スタッフがいる一方、日本語ペラペラの外国人スタッフもいて、まさに外資系企業です。

マーケティング担当者にあったことがありますが、WEBマーケティングによるプロモーションに力を入れており、加盟店を増やすために頑張っている印象を受けました。

スクエアのサポート体制は?

この点はスマホ決済はどこも大差がありません。なぜならスマホ決済のビジネスモデルは、薄く広く普及させていくモデルですから、「ものすごく手厚いサポート」というのは存在しない業界です。

その中でスクエアは10時~18時の間、電話受付のサポートチームがあり、スクエア検討中の人からも電話がかかってくるようで、「スクエアの何がいいのか、今から私に営業かけてみて!」といった電話もあるようです。

スクエアのパートナー戦略は?

食べログの加盟店を利用するリクルートのような強力な販売網はないため、提携している三井住友カードの顧客網を利用して、加盟店に営業をかけています。しかし、三井住友カードは提携当初ほど力が入っていないように思えます。

というのも、スクエアのスマホ決済端末が暗証番号入力が対応していないなど明らかな「機能落ち」をしていますから、現在の三井住友カードはスクエアの提携先として粛々と決済システムの裏側の対応を行っているだけという印象がぬぐえません。

スクエアのスマホ決済が向いている事業者とは?

チャージバックがあまり生じないビジネスで、入金のペースが早いと助かる飲食店や美容室などが向いているでしょう。やはり入金スピードが早いのがスクエアの最大の魅力です。そしてメインバンクが「三井住友銀行」か「みずほ銀行」であれば導入はスムーズです。

審査が早いのには理由があり、審査の一部にAIを使っております。AIであれば「このタイプの事業者はリスクが高い」など瞬時に審査がするこが可能なのです。

また、小さいスペースしかない店舗の場合は、スクエアの端末は非常に小さいため、場所をとらずに済むので、「レジ周りをシンプルにしたい!」あるいはスクエアの端末を持ち歩きたい事業者には強くおススメします。例えばタクシーやガソリンスタンドを経営している場合は、非常に助かります。

オシャレな雰囲気を壊さない一番オシャレな端末

また、スクエアは他の競合他社と比べて、端末のデザインが優れている点です。まるでアップルの製品のようにデザインが優れています。ですからオシャレなカフェや、インテリアや雑貨などを扱う事業者には向いているオシャレ端末なんです。

スクエアなら2日後にイベントを開催するケースでも、クレジットカード端末の審査が間に合うかも!

こういった場合も、スクエアはおススメです。審査最短で5分~10分で終わるなど圧倒的に審査が早いのが特徴です。審査が通れば、スクエアの端末を購入するだけで、クレジットカード決済を使えますので、急なイベント開催などには、スクエアが最も導入可能なスマホ決済会社となります。

ちなみにタワーレコードの野外イベントでもスクエアの端末が使われており、こういったイベントで活躍する理由は、審査の速さにあります

◆翌日にはスクエアのスマホ決済を行う5のステップ

①朝一番にスクエアに審査を申し込む
②15分後に審査が通る
③ビックカメラなどでスクエアの端末を買う
④スクエアのPOSアプリ「Squareレジ」をダウンロード、お持ちのタブレットやスマホにダウンロードする
⑤翌日にタブレットに端末を指して、使う

スクエアのまとめ

スクエアが日本進出の際、2013年に三井住友カードとスクエアが提携を発表した時は、決済業界に激震が走ったのをよく覚えています。なぜならカード会社大手の三井住友がスクエアを招くことは、すでに多くのクレジットカード端末(お店にあるデカい端末です)を導入している自らの首を絞める行為に等しいからです。

それだけに三井住友カードが時代に対応するための覚悟が見て取れました。しかし、現在の両社の関係は、当時よりも冷めた関係だと推察します。なぜならスクエアが暗証番号入力可能なICチップ対応のものを開発しないで、アメリカで導入したものを日本に持ってきただけですから、日本市場で勝ち残るのは厳しいのです。

今後スクエアが暗証番号入力のブルートゥース対応端末を作るのか?あるいは三井住友フィナンシャルからの提携関係がどうなるのか?今後の推移を見守りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

翌日入金が可能で手数料が3.25%のクレジットカード決済ならスクエアが断トツでおススメ!

クレジットカード決済を導入する時の悩みは、入金のタイミング!しかし、スクエア(Square)なら翌日入金が実現します。しかも振込手数料が0円です。みずほ銀行と三井住友銀行が指定銀行の方なら、導入すべきスマホ決済会社です。

そしてスマホ決済だから、カード手数料がたった3.25%

詳しくは下記バナーより公式サイトをご覧ください!お急ぎの方も、15分で審査完了し、翌日からカード決済を行うことも可能です。




スクエア(Square)のブログ記事はこちらで紹介しております

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*