小規模事業者が「オンライン決済」をすぐ導入する5つの手法

2020年に世界中で流行したコロナウイルスの影響で、人と人が接する実店舗ビジネスは大きな損失を被ることになりました。売上を少しでも回復させるための手法の一つとして「オンライン決済」の導入を考えている企業が増えております。オンライン決済をすぐに導入するためのは5つの手法があります。

◆オンライン決済を導入するための5つの手法

①スマホ決済のオンライン決済機能
②オンライン決済システム
③WordPress専用のオンライン決済
④無料ECサイトの導入
⑤決済代行会社に相談

まずは、この5つの方法の中から、ご自身の事業にあてはまるものを選び導入すべきでしょう。また、オンライン決済には初期費用や決済手数料がかかりますし、ITリテラシーが求められるケースもあるので、事前にオンライン決済システムの概要を把握しておけば、オンライン決済の導入がスムーズになります。

本日はオンライン決済について、決済代行会社で15年働いてきた経験のある筆者が、詳しく解説いたします。

続きを読む

【落ちた方必見!】クレジットカードの審査が落ちる5つの理由と対策

クレジットカードの審査が落ちる主な原因はどのようなものがあるのでしょうか?

クレジットカードの審査に落ちてしまう方には5つのパターンがありますので、審査が落ちたからと言って、カード会社A社に落ちた後に、原因もわからずB社C社D社と次々申し込むのは避けましょう。その前になぜ、カード審査が落ちたのかを考えてみるべきです。

そして、今は「ブランドプリペイド」というチャージ型のクレジットカードなら、だれでも手続き無しで、すぐに作ることができる便利なカードがあるので、インターネットショッピングやHuluなどのインターネットサービスの登録にどうしてもクレジットカードが必要な方は「ブランドプリペイド」を使えば問題ありません。

本日はクレジットカード審査に詳しい業界人の筆者が、クレジットカードの落ちる人の特徴を詳しく解説するとともに、最後にはクレジットカード審査が落ちた人でも作れる「ブランドプリペイド」を解説いたします。

続きを読む

損したくない!キャッシュングでお金を借りる主婦が事前に知るべき事

クレジットカードのキャッシング枠で、お金を借りる。いわゆる「キャッシング」で今すぐお金を借りたい主婦のニーズは様々でしょう。

「夫が仕事もせず、ギャンブルばかりやっていて生活が苦しい」
「旦那が会社を首になった!」
「夫には内緒でブランドもののバックが欲しい」
「医療費が膨らんで。。」

まず、あなたが専業主婦の場合はクレジットカードを作っても収入が無いため、キャッシングをすることはできませんし、パートやアルバイトをして、収入がある主婦も年収の3分の1程度しか、キャッシングすることはできません。

なぜなら、総量規制という貸金業法があるため、だれしもが年収の3分の1以上のお金(事業資金や貸し替えなど例外を除き)を借りることができないからです。

本日は業界人の筆者が、主婦のキャッシングについて詳しく解説するとともに、キャッシングの代替案を提案いたします。

続きを読む

クレジットカード審査でよくある8つのウソ!バレる嘘とバレない嘘

クレジットカードを作るために、審査が通らないからといってウソをつきたくなることもありますよね。例えば

「年収をちょっと水増ししてもバレないかな?」
「無職だけど、前の会社を勤務先に書いてもいいよね!」
「免許拾った!この人に成りすましてクレカ作ろう!」

といったウソです。結論から言えば、ほとんどのケースでクレジットカード審査時のウソはバレますし、まして拾った免許証で「他人になりすましたり」すると最悪の場合「私文書偽造」や「詐欺罪」で捕まることもあります。ただ、一方で下記のようにカード会社が見抜きづらいウソも存在します。

「離婚したけど、旧姓を使ってみよう!」
「一人暮らしだけど、実家の住所でクレジットカードを作ろう!」

なぜなら、既婚の可否や勤続先などカード会社はCICやJICCという個人信用情報機関のデータベースや、カード会社の持っているデータだけでは、「居住場所」や「既婚歴」など見抜けない項目があり、条件が整えば審査を有利にすることが可能だからです。

本日はクレジットカード審査に詳しい業界人の筆者が、クレジットカードを作る際、

・ウソをついたらどうなるか?
・ウソはバレるか?バレたらどうなるか?
・どんなウソなら通るのか?

といった点を8つのよくあるウソの事例をもとに詳しく解説するので、クレジットカードを作るコツとして最後まで読んでいただければと思います。

続きを読む

法人カードで「年会費無料」のものは実は個人向けカードと同じ

法人向けのクレジットカードを探している事業者であれば、なるべくコストを下げたいと考え、法人用で年会費が無料のクレジットカードに加入したいと考えていると思います。

しかし、カード会社にしてみると企業からの問い合わせが多く、手間がかかり、利益の少ない法人カードでは年会費を取らないと儲からないため、法人カードの年会費を無料にするのは厳しいのが現状ですが、個人事業主や零細企業向けにのクレジットカードとして「年会費無料」のクレジットカードは下記のようにあります。

ライフカードビジネス(スタンダード)

しかし、個人事業主向けの法人カードとは個人向けのクレジットカードとほぼ同じものなのです。

なぜなら、個人事業主向けの法人カードを作るときは会社の与信ではなく、個人の与信でクレジットカードを発行するタイプであり、実質個人用のクレジットカードと変わりがないために年会費を無料にできるのです。

本当の法人向けカードとは、従業員が20名以上の規模感がある企業で、カードを作る際の与信の時に「法人」を与信するタイプのものを指します。ですから、免許証などで経営者の個人与信をするタイプは、本当の法人向けカードとは言えない側面があるのです。

本日は、クレジットカード決済のプロの筆者が法人カードや年会費について詳しく解説いたします。

続きを読む