導入前に5分で「コイニー」を完全に理解するためのプロの評判と考察

スマホ決済(モバイル決済)の会社は多数ありますが、コイニー(coiney)はその中でもいち早くスマホ決済に参入した会社で、2012年元ペイパル日本法人の立ち上げを行った佐俣 奈緒子氏が立ち上げた日本発のスマホ決済ベンチャーでした。サービスインにこぎ着けるために苦戦しましたが、クレディセゾンとの提携が決まり一気にコイニー株式会社を立ち上げました。

そして、2018年1月に小規模事業者向けECカート大手の「STORE’S.jp」とコイニーは経営統合をして持株会社「ヘイ」を立ち上げました。(コイニーは統合された会社の新子会社という形で引き続き存続)すでに多くの中小企業を全国に抱えるECサイト事業者とスマホ決済コイニーの統合は大きなシナジーを生む統合と言えます。

こういった動きからもスマホ決済各社の競争は激しさを増していることが伺えます。

スマホ決済に7社には各社特徴がありますが、コイニーの最大の特徴は中国で普及している”WeChatPay(ウイチェットペイ)”との連携して、QRコードによる決済が可能なことです。Wechatのステッカーを店に貼れば、訪日中国人はクレジットカードよりもQRコードによる決済の方が慣れており、喜んでに決済してくれるでしょう。

さらに、2018年8月に電子マネーに対応したので、Suicaなどの交通系電子マネーの支払いが可能になりました。本日はコイニーの評判について、元決済代行会社に15年働いていた筆者が詳しく解説いたします。

続きを読む

「クレジットカード決済手数料1番安いのはどこ?」プロが徹底比較

実店舗を経営している方では、クレジットカードに非対応で未だに現金のみの取り扱いの事業も少なくありません。その背景には日本の実店舗では現金決済が中心だったからです。しかし、日本人のクレジットカード保持率は2016年で84%と高い所持率で、インターネットの普及により使用率は右肩上がりで高まっています。(※ブログ末で最新のデータを紹介!)

また、クレジットカード決済は2019年10月からの「5%ポイント還元」のキャッシュレス決済の対象となるため、来年度はクレジットカード決済の需要が一気に増えることが予想され、今のうちにスマホ決済を導入すべきです。

個人事業者にとって、クレジットカード決済導入の最大の障壁は「手数料4%~7%」という高い手数料でしたが、スマホ決済を導入すれば3%程度に手数料を抑えることが可能です。そして現在ではスマホ決済が主流となり、クレジットカード決済において、決済代行会社を使うメリットはほとんどありません。

また、スマホ決済大手のAirペイ(エアペイ)は決済手数料3.24%(2019年10月から2020年6月末までは2.16%と業界最安水準の手数料)で、月6回の売上の入金に加えて、Suicaなどの電子マネーにも対応しており、個人事業者にはありがたい存在のスマホ決済です。

クレジットカード決済導入について悩んでいる方は、その導入手続きや、手数料、支払いサイクルについてお悩みだと思いますので、本日は決済代行会社で15年働いた筆者が、クレジットカード決済について詳しく解説いたします。

続きを読む

リスクの高い「ツケ払い」をEC事業者が導入するべきか?考察と課題

大学生のクレジットカード保有率は2016年度の調査だと50%と高くはありません。クレジットカードがないと不便なのが、スマートフォンでのオンラインでの買い物ですが、そんな中にZOZOTOWNが若者向けに始めたのが「ツケ払い」です。

ツケ払いはGMOペイメントゲートウェイ(以下GMO-PGと表記)の子会社のGMOペイメントサービスがはじめた「GMO後払い」と呼ばれるサービスで、2016年11月にZOZOTOWNに決済サービスを提供したのがはじまりです。

ツケ払いとは「本人確認」をせず少額の与信枠(ZOZOでは最大54,000円)を設け、一定期間後(ZOZOは最大二ヶ月間OK)に請求書を発行し、ユーザーにコンビニなどで支払ってもらう決済方法です。カンタンに言えば「飲み屋の一見客に対してツケを認める」ようなサービスなのです。

ZOZOTOWNのターゲットはお金を持っていない十代などの若者がターゲットであり、若者はクレジットカード保有率も低いため、ツケ払いと大変相性が良い決済サービスなのです。

本日は決済会社で10年の経験がある筆者が、「ツケ払い」について詳しく解説いたします。

続きを読む

後払いで急成長のGMOペイメントサービスの評判と考察

決済会社最大手のGMOペイメントゲートウェイ(以後、GMO-PGと表記)の子会社として、2014年にGMOグループの後払いの決済会社として設立されたのが、GMOペイメントサービスです。

マーケットでは、保証付き後払い決済のニーズが高まっており、「NP後払い」や「後払いドットコム」なども成長しているのを受け、大手のGMOグループも参入したのです。

しかし、なぜGMO-PGは、自社ではなく、似たような名前の子会社を作って別会社で「保証付き後払い決済」を始めたのでしょうか?

保証付き後払いというのは、まだ法律的にも、グレーなところがあり、何か起きた場合のリスクを本体のGMO-PGに影響しないように子会社にした背景があります。

つまり、保証付き後払いは、現在急成長しておりますが、業界的にリスクがある方式でもあるのです。

本日は、元決済代行会社出身の筆者が、GMOペイメントサービスの評判と考察を、後払い保証付き業界を踏まえながら解説いたします。

続きを読む

元業界人が語る!後払いドットコムの評判と考察

後払いドットコムは、保証付きコンビニ支払いを行っている会社です。運営会社は株式会社キャッチボールという会社で、独立系のベンチャー企業でしたが、2013年6月に株式会社スクロール360と資本提携を行いました。

保証付き後払いの決済の業界の中ではNP後払いにシェアを奪われていますが、NP後払いにはない”リアルタイム与信”が実現できるメリットがあります。

本日は元決済代行会社出身の筆者が後払いドットコムについて、他の評判サイトには決して書いていない、業界人にしかわからない評判と考察を解説します。

続きを読む